河田真誠

“らしく”輝く人と会社をもっと

本当に?「わがまま」が愛される3つの理由

「わがままな人」って聞くと、どんなイメージがあるでしょうか。めんどくさい人?自分勝手な人?関わりたくない人?

どちらにしても、いいイメージではないかもしれませんね。
 
しかし今、「わがままに」生きることをオススメする本が増えています。

なぜ、わがままに生きた方がいいのか?なぜ、わがままなのに愛されるのか?その理由を3つ紹介していきます。

1:「わがまま」=「じぶんらしい」

「わがまま」は、「わが(我が)」+「まま」なので、「自分のままでいる」と言うこと。自分の心に素直にいるということです。その逆は「周りに流される」になりますね。

もし、周りの意見に耳を傾けて、自分の気持ちや意見よりも周りを大切にして生きていくと、嫌われることも、変な目で見られることも、道から外れることもないから安心かもしれません。

しかし、どんどん「自分」は失われていきます。
そんな「周りの声に流されて生きている個性のない人」に、魅力を感じるでしょうか?

人は人。自分は自分と割り切って、自分に素直に生きている人の方が素敵ですよね。そういう生き方だと敵を作りやすいかもしれません。しかし、同時に味方もたくさんできますね。
 

2:他人の「いいね!」に振り回されない。

今は、SNSの時代。ホテルやレストランを探す時にも、何かの記事や写真を見た時にも、他人の「いいね!」が気になります。
 
しかし、よく考えてみると、他人の「いいね」が、いつも自分にとっていいかどうかはわかりません。
評価の高いお店は、ただ「いいね」という人が多かっただけの話。みんなの「いい」とあなたの「いい」は違っていて当然ですよね。

常識も同じ。ただそう思う人が多いというだけのこと。そんなものに振り回されたくありません。誰がなんと言おうと自分がスキなものはスキ、大切なものは大切でいいですよね。

誰かに共感してもらう必要もありません。あなたの幸せはあなただけのもの。自分の「いいね」に素直に生きていきましょう。
 

3:人のアドバイスは聞かなくていい

あなたの周りにいる人の中には、物知り顔でいろいろとアドバイスをしてくれる人もいるでしょう。しかし、周りのアドバイスを聞けば聞くほど、あなたの魅力や個性はなくなっていきます。

例えば、あなたはおとなしい性格だとします。おとなしい性格は何も悪くないし、むしろとっても素敵な性格です。

そこに、明るい人がやってきて「もっと明るく振る舞ったほうがいいよ!」と言ってくるのです。そのアドバイスを聞いた結果、あなたの魅力はまた一つ失くなっていくのです。
 
誰もが、自分が正しいと思っていて、それを押し付けてきます。しかし、それは、その人にとっての正しいであって、あなたにとっての正しいではありませんよね。あなたのことを深く理解している人以外からのアドバイスは、ちょっとしたヒントくらいに聞いておきましょう。


 
いかがでしたか?
ついつい、周りの声に流されがちですが、あなたが何を大切にどう生きていくかは、あなたの中にしかありません。
 
ぜひ、自分自身とたくさん会話をして、自分に素直に生きていってくださいね!そんな姿が愛されていくんです。
 
自分と向き合っていく時にオススメの本があります。
 
『私らしくわがままに本当の幸せと出逢う100の質問(河田真誠/A-works)』
 
この本には「大切にしたい“らしさ”は何ですか?」のように、自分の心と会話をするための「質問」がたくさん紹介されています。
 
この本に紹介されている質問に答えていくだけで、自分の心の声を聞くことができますよ。自分の幸せを見つけてくださいね。
 

Mail Magazine

大切なコツやアイデアなどをメールでお届けしています。ご登録ください。

 
 
メール
都道府県