河田真誠

“らしく”輝く人と会社をもっと

人生をもっと豊かにする10のコト

私の思う「人生を豊かにするコツ」を紹介しますね。
いろいろな考えがあると思うので、一つの参考にしてください!
 
 

人生をもっと豊かにする10のコト

 
1:うまくいかない恋に悶々とする夜
2:ワクワクだけで動かされてるチャレンジ
3:良し悪しの判断がない好奇心
4:成功体験と、それをあっさり捨てる潔さ
5:悔しくて、情けなくて、全てがイヤになる失敗
6:年配者の「昔はね…」や、先輩の「オレだったら…」って話
7:「このために生きている」と思い込める運命と、守るモノ
8:自分を否定してくる全てのモノ
9:心を動かすものが似ている友
10:自分と向き合い、自分を知るための「問い」

 
 
 
 
そもそも「豊かな人生って何だろう?」の答えは、それぞれ違うと思うけど
 
 
 
僕のイメージは、「自分の器」を大きくしていくことだと思ってる。
 
 
きっと、幸せって「雨」みたいに、絶え間なく降り注いでるもの。

誰にでも、いつでも、同じように。
 
 
 
ただ
 
コップくらいの器しかないと、それくらいしか入ってこない。
 
バケツにすれば、もっと受け止めることができる。
 
 
そんなイメージ。
 
 
 
 
 
ここにあげた10のことは、そんな「豊かさ」のために必要だと思うことかな。
 
 
 
あ、「おいしいごはん」も大切ですね。 
 
 
 
 

それぞれの詳しい解説

【1:うまくいかない恋に悶々とする夜】
恋をするとか、身内がなくなるとか、自分の力ではどうしようもないことがある。
それを受け入れようとする時間と、受け入れたくなくてあがく時間とが、人を成長させる。
 
 
【2:ワクワクだけで動かされてるチャレンジ】
できるかどうかは分からないけど、どうしてもやってみたい!というチャレンジ。
そのチャレンジをする中で、成功するにふさわしい自分に育っていく。
 
 
【3:良し悪しの判断がない好奇心】
どれだけ美しいものに触れたことがあるかと、どれだけ醜いものに触れたことがあるかの幅が、受け止める器を創ってる。
いい、悪い、楽しい、楽しくない、身になる、ならない。
そんなラベルをつけることなく、いろんな経験をしたほうがいい。
 
 
【4:成功体験と、それをあっさり捨てる潔さ】
私もできるんだ!という「成し遂げた体験」は、自分を信じる力になる。
けど、成功すると、そこで考えなくなるので、そのノウハウや思想にしがみつかない方がいい。
もっといいやり方や考え方もある。
 
 
【5:悔しくて、情けなくて、全てがイヤになる失敗】
これを乗り越えると、深みが増す。
成功は偶然生まれることもあるけど、失敗を超えて得たものは、必然的に身についていく。
 
 
【6:年配者の「昔はね…」や、先輩の「オレだったら…」って話】
「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉の通りだと思う。
少し先を歩いている人の話を聞くことで、僕は、その先から始めることができる。
そうやって、人類は進歩してきた。
 
 
【7:「このために生きている」と思い込める運命と、守るモノ】
生きる目的があると、迷っても帰ってこれるし、自分を奮い立たせることもできる。
守るものがあるからこそ、「自分のために」を超えたところに行ける。
 
 
【8:自分を否定してくる全てのモノ】
本当に腹が立つんだけど、批判はある意味で的を得ていることが多い。
素直に謙虚に、そしてしたたかに受け止めたい。
 
 
【9:心を動かすものが似ている友】
関わり方、楽しいと思えるもの、笑えるもの、大切にしているものが近い友がいると、心が落ち着く。
単純に楽しいと思える時間。
「友」と言っても、人だけでなく、例えば、小説や、音楽、絵画などでも同じ。
 
 
【10:自分と向き合い、自分を知るための「問い」】
自分って本当に分からない。
「したい」と思えることだけを選択して生きていけるといいが、その「したい」を知ることも難しかったりする。
自分と向き合うための道具として、質問が必要だ。
自分を知れれば、「お金」や「時間」との付き合い方も上手になる。
 
質問力を磨きたい人は
↓ ↓ ↓
「ハナサクパートナー養成講座開催!」をご覧ください。
  
 
 

みんなを豊かにしていきたい!

自分の豊かさも大切だけど
周りの人を豊かにしていく存在でもありたいな。
 
 
「質問」を身につけて
少しづつできるようになってきたかな。
  
 

 
 
 
興味ある人は
僕が培ってきた「質問力」を伝授しますね。
 
今の仕事や家庭に活かしたり
起業をしたり
学校などで授業をしたり…
 
 
たくさんの「人生」が動き始めてます。
詳しくは
 ↓ ↓ ↓
http://shinsei-kawada.com/2018/09/20/post-7215/
 
 
この10のコツのような話を深めたりもしましょう。

Mail Magazine

大切なコツやアイデアなどをメールでお届けしています。ご登録ください。

 
 
メール
都道府県