河田真誠

“らしく”輝く人と会社をもっと

アイデアが飛び交う会議のつくりかた

06

アイデアが飛び交う会議をしませんか?

貴社の会議は、もしかして、社長や店長の講演会になっていませんか?
多くの中小企業様で見られる光景ですが、意見を出し合うための「会議」ではなく、社長や店長の意見や考え方を社員に伝える(押し付ける?)ための場になっていることが多いようです。
 
社員さんには、「もっと意見をいえ!」「もっと自発的に関わってほしい!」と言いながらも、そんな会議の場では、なかなか意見も言いづらいですよね。
 
もしかすると、「社員に意見を聞いても仕方ない。自分の考えがただしい!」と思っている社長さんもいるかもしれませんが、残念ながら、そんなトップダウンの経営は、時代に合っていないようです。
 
・社員さんの方が、現場やお客様に近いところにいる。
・価値観が多様化しているから、社員の感覚の方が、お客様に近いかもしれない。
・現状を打破する画期的なアイデアは、新入社員の方が持っているかもしれない。
・自分で意見をいうと、経営に参画している意識が高まり、やる気も高まる。
・みんなで作り上げることが、会社の雰囲気をよりよくしていく。
 
以上の理由から、トップダウンではなく、社員さんからのボトムアップ型の経営をする方がいいなと思います。
 
そのためには、まずは、無料のレポートをプレゼントしますので、この方法に従って、社員さんの意見が飛び交うような活気ある会議を開催してみてください。

たった1回の会議でも大きく変わってきますよ。
 
 
「アイデアが飛び交う会議のつくりかた」を、数回にわけてメールでお送りします。
下記のフォームから、ご登録ください。






 は必須項目です。

    (例)日本
 名   (例)太郎
 メールアドレス   (例)nihon@example.co.jp
 都道府県 
 コメント


Mail Magazine

大切なコツやアイデアなどをメールでお届けしています。ご登録ください。

 
 
メール
都道府県